コラボと別注

2019.10.18 Friday

前回の続きになります。

 

今回は、『別注』についてお話させていただきしたいと思います。

(別注とは、特別注文や別製注文の略称になります。)

 

例えば、ブランドがセレクトショップに、「A」という商品を展開する。これは、通常の商品です。

通常商品とは違って、ブランドが、あるセレクトショップのために、

普通の展開ではないカラーやディティールを持った「A’」を制作する。これが、“別注”商品です。

 

とても有難いことに、

弊社でも別注アイテムのご依頼を頂戴することがあります。

アイテムのデザインやイメージはもちろんのこと、

(現実的な話になりますが)見込める売上げの規模や販路にも重きを置いて制作にあたると、

コラボ・別注担当が話しておりました。

 

『コラボ』同様に、『別注』の世界も非常に奥が深いです。また、決め事や制約もいくつか存在します。

だからこそ面白いと感じ、多くの魅力が詰まっているのかもしれません!

 

2回に渡り、『コラボ』と『別注』ついてお届け致しましたが、

どちらにも共通するのは、お互いの力を合わせて作り上げる共同作業。

 

1+1=2ではなく、3にも4にもなるような価値のあるアイテムが出来ればいいなぁと思っています!

 

コラボと別注

2019.10.16 Wednesday

『コラボ(コラボレーション)』と『別注』の違い、皆さんはご存知でしょうか?

ファッション誌などでよく目にするワードかと思います。

 

その違いについて、弊社に在籍しているコラボ・別注担当に聞いてまいりました。

それぞれ回を分けてお伝え出来たらと思います。

 

まず今回は、『コラボ』についてお話させていただきます。

 

 

【コラボ】⇒ 相互補完・協業すること

異なるブランドのそれぞれが持つ特徴やコンセプトを掛け合わせるようにして(協業)、

それぞれのメリットを最大限に活かしデメリットは最小限にして補いつつ(相互補完)、

『コラボ』アイテムは誕生します。

新しい付加価値のあるアイテムが出来るとも言えるかと思います。 

 

アパレルブランド同士に限らず、人物とのコラボもあります。

飲食関係などの異業種とコラボすることも、最近では珍しくありません。

『コラボ』はとても魅力的で、しかも可能性に限りが無いように感じます。

 

 

ちなみに、担当者曰く、

コラボを行う際に心がけていることや大事にしていることは、

第一に、“ブランドイメージが良くなること”だそうです。

(イメージが下がるようだと、元も子もないですよね…。)

次回は、『別注』についてお話しできればと思います。

どうぞお楽しみに☆

Quotation from great persons ~偉人たちの名言~ vol.5

2019.10.11 Friday

“仕事以外の時間は何をしているか?仕事。それは僕のホビーだから。”

 

こちらは、Tom Ford(トム フォード)の言葉です。

肩書きとしては、自身の名を冠したNY発のブランド「TOM FORD」のデザイナー、

アメリカファッション協議会(Council of Fashion Designers of America、略称 CFDA)の会長、

そして映画監督も務めるなど、ファッション界内外で大きな影響力を持つ人物です。

 

冒頭の言葉、前半だけを抜き取ると、完全な仕事人間に思えます。

しかし、『仕事=ホビー(趣味)』と言い加えることで、全く違う意味を帯びてきます。

 

仕事の中に楽しみを見出す。そして、楽しむことの延長が仕事に繋がっている。

この言葉には、そのような意味が込められているように感じます。

 

人(お客様)を相手に仕事をする時には、この姿勢は非常に大切だと思います。

自分が楽しい気持ちでなければ、きっとお客様も楽しくないはずです。

自分の表情が楽しく口調が柔らかいものであれば、お客様も自然と同じ反応を見せてくれることがあります。

 

仕事柄、私も人と接することが多い方だと思っています。

彼の言葉を受けて、

この姿勢を身に付けられるよう、日々の業務に取り組んでいきたいと感じました。

 

national sports day

2019.10.08 Tuesday

10月に入り、涼しく過ごしやすい季節になってきました。

運動やスポーツをするのも気持ち良い季節ですよね!

 

10月10日は、「体育の日」。

正確にお伝えしますと、1999年まで、10月10日は体育の日でした。

2000年からは、10月の第2月曜日(今年は10月14日)が体育の日となっています。

 

そして来年、2020年のオリンピックイヤーからは「体育の日」改め、「スポーツの日」へと名称が変更。

しかも、来年に限っては、東京オリンピック開会式開催日の7月24日が「スポーツの日」になるそうです。

(全く知りませんでした…。)

 

夏季オリンピックとしては、日本開催は56年ぶり。

東京のみならず、国全体で盛り上げていくことになるかと思います。

世界各国から来日する方の人数も考えると、交通機関などは混雑して大変なことになりそうですね…。

 

しかし、次に日本で開かれるオリンピックがいつになるのかは分からないですし、

せっかく東京に住んでいることもありますので、

出来る限りしっかりと目に焼きつけたいと思っています!

 

何はともあれ、あと1年を切りました!

東京の空に数多くの日の丸が上がりますように!!

NO MANNER, NO BUSINESS

2019.10.04 Friday

来週月曜日の10月7日は、“マナーインストラクターの日”だそうです。

 

「マ(10=マル)ナー(7)」と読む強引な語呂合わせと、10月にマナー研修が多いことから制定されたとのことです。

 

ということで、

今回は『ビジネスマナー』についてお話できたらと思います。

 

ビジネスマナーと言えば、何が思い浮かびますでしょうか?

名刺交換・電話応対・挨拶・身だしなみ、などなど。

具体的に挙げていくとキリがないほど数多くありますよね。

 

 

つい昨日ですが、『接遇・マナー研修』を受講してきました。

改めてビジネスを行う上でのマナーを学ぶことができ、とても有意義な時間となりました。

また、今まで間違えて覚えていたこともあり、しっかりと見つめ直すことが出来ました。

 

 

講義の中で強く印象を受けたのが、【自分以外は、皆、お客様】という言葉です。

「相手を大切に思う気持ち」・「おもてなしと思いやりの心で接すること」が必要だと、

講師の先生がおっしゃっていました。

 

ビジネスを行う上では、相手(お客様)がいらっしゃいます。

そして、社内には一緒にビジネスを行う仲間がいます。

 

“自分以外の人たちの為に役立つことを、おもてなしの心を持って、満足してもらい、ファンになってもらう。”

 

この考えが社内全体に浸透し、実践していくことが出来れば、

とても素敵で魅力的な会社になると確信出来ました!

 

今回の講義を受けて芽生えた気持ちを忘れずに、これからのビジネスに取り組んでいきたいと思います。