EC = Electronic Commerce

2019.10.25 Friday

先日、社内インタビューシリーズとして、2回に渡り『コラボと別注』のブログをお届け致しました。

今回はその第3弾を綴っていきたいと思います。

 

弊社には、ECチームも在籍しており、

主にオンラインストアやブランドサイトの構築・運営などに携わっております。

 

現代社会では、アパレル業のみならずあらゆる分野・産業において、EC関連業務は必須であると思います。

そこで、“時代に求められている”業務に従事する弊社ECチームに、インタビューを敢行致しました!

 

 

 

Q.『EC担当として大切にしていることや気をつけていることは何ですか?』

 

A.『実店舗とは違い、パソコンやタブレット、携帯の画面上だけで商品の魅力を伝えなくてはなりません。

  お客様に“買いたい”と思っていただける写真を選び、魅力的な商品説明を書くように心がけています。

  また、ECのご利用に慣れている方ばかりではありませんので、

  常にお客様目線で考え、サイトでのお買い物方法が分かりやすくなっているかどうかにも気をつけています。』

 

 

Q.『EC関連業務を行う上で必要なスキルなどはありますか?』

 

A.『最低限のスキルとしては、パソコンの基本操作が必須です。

  その他、データ分析ではExcel、バナー作成ではPhotoshopやIllustrator、

  ページ作成ではhtmlやcssといった専門知識に近いものも必要になります。

  また、ECの技術やデザインのトレンドは日々アップデートされているので、

  常に進化する技術や情報を取り入れる意欲が一番に必要かと思います。』

  html … ウェブページを作成するために開発された言語のことで、

      現在、インターネット上で公開されてるウェブページのほとんどは、htmlで作成されています。

  css … ウェブページのスタイルを指定するための言語のことで、

     htmlなどで作成されるウェブページにスタイルを適用する場合にも、cssが一般的に利用されています。

 

 

Q.『EC関連業務の魅力や、楽しい瞬間を教えてください。』

 

A.『実店舗であるような、お客様との直接的な接点はなかなかありませんが、

  お客様からのお電話やメールをいただいた時が一番嬉しいです。

  お届けした商品にご満足いただけたことを実感できる瞬間でもあります。

  また、EC業務では、それまで得てきたスキルや経験がダイレクトにサイトへ反映されるので、

  企画・作成したページを通じて多くのお客様に商品をお買上げいただいた時=売上げが上がった時も、

  楽しいと感じる瞬間です。』

 

 

 

直接目に見えないお客様が相手なので、細やかな気配りなど一段階上のサービスを提供することが大切だなと、

このインタビューを通じて感じました。

 

次回は、社内インタビューシリーズ「フォトグラファー(カメラマン)」編をお届けしたいと思います。

 

スポンサーサイト

2019.11.13 Wednesday

コメント
コメントする