Paris Fashion Week ~FALL / WINTER 2020-21~

2020.01.24 Friday

先日、ロンドンミラノで行われたファッションウィークの内容をお伝えしましたが、

今回はパリファッションウィーク(1/14~19開催)の模様をお届けしたいと思います。

 

通称、“パリコレ(パリ・コレクション)”。

パリコレは、他の都市のものと比べ、

一番に規模が大きく、その年のファッションの流行を左右させるほど注目度が非常に高いコレクションです。

 

今シーズンは50以上のブランドが参加。その中から、気になったものをいくつかご紹介致します!

ですが、気になったブランドの数が多くなったので、2回に分けてお届けしようと思います。

 

1回目は、日本ブランドを4つピックアップしてみました。

 

サカイ(SACAI)

今シーズンは「ミリタリー」な世界観。MA-1やモッズコートを使用したルックが多く登場。

NIKEとのコラボスニーカーも注目されたようです。

 

 

アンダーカバー(UNDERCOVER)

今回のショーのタイトルは、『Fallen Man』。直訳すると、『落ちた男(=落ち武者)』。

黒澤明監督作品の映画「蜘蛛巣城」からインスピレーションを受け、

武士のイラストを施したジャケットや、鎧兜を模したアイテムも並びました。

 

 

ファセッタズム(FACETASM)

レゲエミュージックの音響が自慢というレストランで開催。

ネイティブアメリカン風の柄や、多くの色を用い、自由で元気いっぱいのコレクションでした。

 

 

ホワイトマウンテニアリング(WHITE MOUNTAINEERING)

全面に落ち葉プリントや、ワインレッドを使った物など、ノスタルジックを感じさせるようなルックが並び、

また、「服を着るフィールドは全てアウトドア」というブランドコンセプト通り、

機能性のある素材を使ったアイテムも多く見られました。

 

 

次回は、パリコレ「海外ブランド編」をお届け致します!

どうぞお楽しみに!!

スポンサーサイト

2020.02.23 Sunday

コメント
コメントする