Paris Fashion Week ~FALL / WINTER 2020-21~

2020.01.27 Monday

前回のブログにて、パリファッションウィークの模様『日本ブランド編』をお伝え致しました。

今回は、海外ブランド編をお届けしたいと思います。

 

シーズンのファッションの流行を占うという意味でも、非常に注目度の高いパリコレ。

誰もが知るようなビッグメゾンのショーが連日開催されました。

個人的に気になった4ブランドをピックアップしてみましたので、ぜひご覧ください!

 

 

ディオール(DIOR)

今シーズン、最も反響が多かったアイテムのひとつが、ミンクで作った“Gジャン”だったそうです。

実際にはGジャンではないのですが、Gジャンに見えるように、ブリーチやカッティングを施しているそうです!

このルックを含め、随所にクラフツマンシップを感じさせるルックが並びました。

 

 

ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)

今シーズンは、“未来”や“宇宙”をメッセージとしているようなルックが多く見られました。

同時に、手編みのモヘアなど伝統的な素材も使用しつつ、今と未来の両方を感じさせるようなラインナップです。

 

 

エルメス(HERMES)

オーバーサイズのコートをはじめ、いつもよりストリートの感覚が増していた今シーズンのエルメス。

ただその中で、このブランド特有のエレガントで上品な印象も顕著に感じられたコレクションです。

 

 

ポール・スミス(PAUL SMITH)

ブランド創立50周年を迎えた、ポール・スミス。50年を振り返るムービーからショーはスタート。

コレクションのメインはセットアップで、とりわけスカイブルーのルックがとても印象的でした。

 

 

以上、パリコレ「海外ブランド編」をお届け致しました!

来週からはニューヨークファッションウィークが始まります。

その模様もこのブログでお伝えしたいと思います!!

スポンサーサイト

2020.02.23 Sunday

コメント
コメントする